婚約指輪ってその後どうなるの?

婚約指輪を贈ったはいいけど、彼女はどうも使っていないみたいと思っている男性も多いのではないかと思います。

婚約中はつけている人も多い様ですが、実際に結婚してしまうと、婚約指輪をつけるという人は少ないですよね。

折角あげたのに何で?と思う男性もいるとおもいますが、だってそれは婚約指輪は高価なもので、気軽につける様なものではないからなんですよ。

いわばフォーマルなジュエリーであり、結婚した後は、結婚式に出るときや、フォーマルな装いをする場所などにしか使わないという人がほとんどです。

そんなたまにしか使わないのだったら、指のサイズがあわなくなったり、年をとって若い時に選んだデザインが気に入らなくなってしまうということなどないの?と思うのではないでしょうか?

確かに、婚約指輪というのはする機会が少ないだけに、いざはめようと思ったら、太ってしまってはめられなかったとか、あの時は良いと思って選んだのに可愛らしすぎるデザインだったということがよくある様です。

大切に仕舞っていたからことなのですが、いざという時に活躍ができないのでは宝の持ち腐れになってしまいますよね。

そんな場合は婚約指輪のリフォームをすると良いでしょう。

サイズ直しだってもちろんできるし、地金を利用して、全く違うデザインに変えることができます。

指輪を使う機会がなくなってしまったというのであれば、ネックレスにして愛用するというのでもいいかもしれませんね。

関連記事・・>[婚約指輪、普段から着けている?